FUJIFILM X100T 20160128

FUJIFILM X100T

VSCO Logo

 FUJIFILM X-1ooTにて撮影。いやあ〜、それにしても、昨日に引き続き、悩ましいです。富士フィルム X-Pro2 と オリンパス PEN-F の比較が笑。ほんとに、悩ましい。昨日は、重さだけを比較してみましたが、独断と偏見で、下記のように比較してみた。全て、自分の主観ですので、「いや、それはおかしい」「違うんじゃないか」と思ってもご容赦くださいませ笑。

 実をいうと、X100Tが素晴らしいの、もしかしたら、X70とX100Tがあったら、他にいらないんじゃないか、という気もしてきてまして笑。特に、50mmよりも広い側は。となると、X-Pro2でもいいかなあという気もするし・・・。子供を外で撮影するのが、土日しかないなら、その日くらい、重くてもいいならと・・・。しかし、そうやってすこしずつ、自分のなかの基準を広げていって、また腰痛になるのも嫌だし・・・。って、まったく、毎日、同じこと書いていますね笑。

 マイクロフォーサーズの50mmって、フォクトレンドの0.95以外には、一度も購入したことないんだけど、どうなんだろうか。ボケ量とか、描写とか。そこが良くて、しかも、PEN-Fの高感度がよければ、それもありかな〜って気もするしなあ〜。昨日の比較では、オリンパスの50mm単焦点をあげたけど、パナソニックのライカの50mmもあるしなあ。しかし、一方で、X100Tのテレコンも購入済みなので、50mmが現在、ないわけでもなく・・・。う〜む・・・。

 

FUJIFILMX-Pro2vsOLYMPUSPEN-F

FUJIFILM X100TVSCOcam

Omotesando

ギャラリー
FUJIFILM X100T 20160127

FUJIFILM X100T

VSCO Logo

 再購入したFUJIFILMのX100Tにて撮影。このカメラ、やっぱり、ほんとにいい。大好き。まあ、そこまで好きなら、一度、売らなきゃよかったんですけど笑。

 ところで、いよいよ、OLYMPUSのPEN-Fが発表されましたね!いや〜、これは、なかなか迷いますね。やっぱり、軽さではほんとに圧倒的。今回の、機材入れ替え大作戦は、ヘルニア再発による腰痛がきっかけなので、なにより、重さを重視したい。前回の投稿では予測で書いていたのと、間違いもあったので、ここに改めて、富士フィルムのX-Pro2とオリンパスのPEN-Fの比較を。あ、重さだけですけど。そして、これまで使って来たソニーのSONY α7sIIや、既に購入済みのX100Tとか、購入が確実なX70の重さも再掲。


<本体>
OLYMPUS Pen-F →  427g
FUJIFILM X-Pro2 →  495g

PEN-Fが 68g 軽い

<24mm>
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0  → 130g(本体含む557g)
フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR →  375g(本体含む870g)

レンズだけの差     245g PEN-Fが軽い
本体を含んだ差    313g PEN-Fが軽い

<35mm>
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 →   120g(本体含む547g)
フジノンレンズ XF23mmF1.4 R →  300g(本体含む795g)

レンズだけの差    180g  PEN-Fが軽い
本体を含んだ差     248g  PEN-Fが軽い

(ただし、フジの広角側のパンケーキはおよそ80gとか120gほどなのでそちらで比較した場合、
本体の重さの差であるおよそ70gがその差となるイメージに)

<50mm>
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 →  137g(本体含む564g)
フジノンレンズ XF35mmF2 R WR  → 170g(本体含む665g)

レンズだけの差  33g   PEN-Fが軽い
本体を含んだ差  101g  PEN-Fが軽い

<80~90mm近辺>
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 → 116g(本体含む543g)
(パナソニックのF1.2なら425g)
フジノンレンズ XF56mmF1.2 R →  405g(本体含む900g)
レンズだけの差   289g  PEN-Fが軽い
(パナなら逆に20g重い)
本体を含んだ差   357g PEN-Fが軽い
(パナを選んでも48gPEN-Fのほうが軽い、本体含む852g)

<備考>
パンケーキタイプをのぞけば
マイクロフォーサーズの方が価格はかなり安い

<既存とこれからの組み合わせ例の重さ>
SONY α7sII + フォクトレンダー21mm = 1039g
SONY α7sII + 55mmF1.8   = 908g
SONY α7sII + フォクトレンダー35mm  = 827g
(VMはマウントアダプターの重さのぞく)

X-Pro2 + 中望遠 = 900g
X-Pro2 + 24mm = 870g
X-Pro2 + 35mm  = 795g
X-Pro2 + 50mm  = 665g

Pen-F + 50mm = 564g
PEN-F + 24mm = 557g
Pen-F + 35mm = 547g
PEN-F + 中望遠 = 543g

X100T   440g(テレコン足すと 620g)
X70    340g (ワイコンはたぶん100グラムちょいなら450gくらい)

<備品>
・MacBook Air 1Kg
・ワイヤレスキーボード 191g
・ヘッドフォン 225g

 う〜ん、こうやってみると、重さだけの比較ではオリンパスのPEN-Fの圧勝だなあ。もちろん、重さだけでは判断できないし、特にミラーレスの場合で重さがの差が大きい広角側の28mmと35mmはX70とX100Tに任せようとおもっているので、いいんですけどね。。。それでも、差が大きい。とくに、今回の買い替えは、腰痛対策でもあるので・・・。とはいっても、「SONY α7sII + フォクトレンダー35mm  = 827g」はまあまあ、軽く感じたから、これくらいまでは許容範囲なのか・・・。迷うところだ。

 ただ、ちょっと気になるのが、PEN-Fの発表会やら、ホームページやらが、新センサーをうたっているわりに、高感度でのノイズのことをあんまりアピールしていないことなんだよなあ。。。普通、高感度が改善したなら、めっちゃ、それをアピールするのがメーカーの常って感じがするから。 
 デザインとか、アートフィルターとか、モノクロの調整とかがダイレクトに物理ダイヤルでできることのほうが強調されてて。それはそれで、嬉しいんだけど、やっぱり、新センサーになって、高感度がどうなるのかというのは、過去にマイクロフォーサーズをわりと使って来た自分としては気になるところ。気持ちは、X-Pro2に傾いているけど、まだ、もう少し迷ってみるかなあ。

 あと、つまるところ、X-Pro2の素晴らしさって、店頭で触ってみないとわからない系な気もするしなあ〜。ファインダーとかレスポンスとか。あ、そういえば、PEN-FとX-Pro2のファインダーの画素数ってどうなんだっけ!?比較してなかった。それは、また、明日にでも笑。でも、自分はEVFはまぶしい日中でなんとなく確認できればいい派、雰囲気盛り上がればいい派、なので、ある程度のレベルなら、さほど気にはしませんが。う〜ん、でも、PEN-Fの軽さと本体と単焦点レンズの価格の安さ(中古の玉の多さも含めて)はかなり、魅力的!ああ、だめだ、迷う笑。

FUJIFILM X100TVSCOcam

OLYMPUS PEN-F VS FUJIFILM X-Pro2

ギャラリー
SIGMA dp2Quattro 0186-2

SIGMA dp2 Quattro

VSCO Logo

 前回に引き続き、今回も、シグマのDPで。Quattro。しかし、それにしても、富士フィルムのPro2か、オリンパスか、迷うなあ・・・。キヤノンとニコンの一眼レフ同士の比較と違って、センサーサイズとか、方向性とか、全然違う比較だから、なおさら、迷うんだよなあ。

 とはいっても、今回は軽さを求めるための買い替え作戦。なので、とりあえず、重さを重視して比較してみる。しかし、FUJIFILM X-Pro2 は重さが判明しているけど、OLYMPUS PEN-F はざっと見た感じ、まだ、重さのスペックはリークしていなさそうだから、暫定的に400gとしておく。(といっても、本日発表のようですが)なので、ざっくりとした比較にしかならないけど、なんとなく、本体は数十グラムの差になるか!?本体にはあまり差がない。
 じゃあ、レンズで大差がつくかというと、考え方によっては、そうでもないんだよなあ・・・。そしたら、やっぱり、すこし高くてもX-Pro2か?あ〜、迷うなあ。下記、自分の備忘録のために。
 ついに正式発表されましたね。重さを比較すると、オリンパスPen-Fが427g、FUJIFILM X-Pro2が495gなので、重さを比較すると、68gほどPEN-Fのほうが軽いですね。下記が、レンズの重さの違い。


<24mm>
オリンパス 130g
フジ    375g
レンズだけの差     245g
本体を含んだ差     313g

<35mm>
オリンパス 120g
フジ    300g
レンズだけの差    180g
本体を含んだ差 248g

(ただし、フジの広角側のパンケーキはおよそ80gとか120gほどなのでそちらで比較した場合、
本体の重さの差であるおよそ70gがその差となるイメージに)

<50mm>
オリンパス 137g
フジ    170g
レンズだけの差 33g
本体を含んだ差 101g

<80~90mm近辺>
オリンパス 116g
(パナソニックのF1.2なら425)
フジ    405g
レンズだけの差     289g
(パナなら逆にプラス 20g)
本体を含んだ差 357g

<備考>
パンケーキタイプをのぞけば
マイクロフォーサーズの方が価格はかなり安い

 といった感じで、特に広角側は圧倒的にオリンパスの軽さが目立ちますね。ただし、難しいのは広角側にフジはパンケーキ的なのを2種類用意していること。ボケの量を考えたら、本来、そっちと比較するのが正しいのでは、と、思うと、互角どころか、78〜116gとかなので、今度はフジが勝つことに。<訂正>どっこいどっこいですね。
 さらに、広角側はX70や、X100Tに役割を果たしてもらう場面が多いとなると、X-Pro2には50mmや80mmあたりで使うことが多いかなと。となると、50mmの差は、広角ほど大きくない。
 さらに、ポートレート域となると、もっと判断が難しくて、ボケ量をもとめて、パナソニックの1.2と比較する場合、フジの方が軽い。一方で、オリンパスのすごく軽いポートレンズは値段のわりによく写るし、過去に3回くらい購入するほど笑、好きなんだけど、逆に、それくらいのボケ量ならば、X-Pro2に50mmを装着でもいいかなという気もしてて・・・。う〜ん、やっぱり、Pro2かなあ。いずれにしてもそもそも本体がざっくりの比較でしかないので、本日のPen-Fの正式発表を待ちたいです。

 重さ以外にも、画質やレスポンス、タフネス、動画など、いろんな要素があるのに、重さだけでもここまでいろいろ迷わなきゃいけないってのが、ほんとに、カメラってややこしいですよね笑。まあ、そこが楽しかったりするんですけど笑。

 <追記>訂正、訂正、訂正とごちゃごちゃしたので、次の投稿で整理します。自分の備忘録のためにも。

LightRoomSIGMA dp2 Quattro

Ebis

ギャラリー
SIGMA DP2Q 20160125

SIGMA dp2 Quattro

VSCO Logo

 久しぶりに、シグマのdp2Quattroの写真。iMacからiPhoneのVSCOcamに転送して修正。だいぶ前に撮った写真だけど。やっぱり、シグマはシグマでいいですよね。Wi-Fiがないのが、ちょっと難点ですが、軽さ的には、1台だけ持ち歩くなら、許容範囲だし。あ〜、迷うなあ。。。。X-Pro2にしないで、T10にするのなら、シグマを1台とか、もう一つくらい、資金的に余裕が発生しそうなんだよなあ。

 ところで、なぜか、WordPressをアップデートしたら、Exif情報が自動で表示される仕組みが、機能しなくなっている。。。せっかく、縦写真でも綺麗に表示されるように修正したのに、残念だなあ。どうすればいいんだろうか。それと、これからは、VSCOcamで修正したものは、カテゴリかタグのどちらかで表記するようにしようかな。

SIGMA dp2 QuattroVSCOcam

Ebisu

ギャラリー
iPhone6sPlus20160118

iPhone6sPlus

VSCO Logo

 岐阜駅前にて。腰を、また、やられた・・・。いやー、ほんとに、腰、どうにかならないかねえ・・・。この2年間で、3回の再発・・・。

 しかし、これで原因は、ほぼ確定。三回とも、カメラやパソコンなどが入った重たいリュックを背負っての出張や仕事が続いた数日後に発症している。もう、仕事で出張にいくときは、リュックじゃなくて、キャリーバックじゃなきゃだめですね・・・。そして、日々の荷物も軽くしないと・・・。もう、カメラはiPhoneとコンデジオンリーの人生にするかな笑。

iPhone6sPlus

Gifu

ギャラリー
iPhone6sPlusTOKYO20151227

iPhone6sPlus

VSCO Logo

 前回に引き続き、iPhone6sPlusにて。VSCOのアプリで加工。このVSCOのアプリ、Instagramに対抗するようなコンセプトのアプリなんですが、とにかく、動作というか、操作のルール?が独特で。あと、不安定。以前もやろうとしたら、インストールがうまくいかなかったけど、iPhone6sPlusだと、インストールまでは普通にできたから、使い始めている。それでもやっぱり、途中で画面がおかしくなったりするけど(前の画面に戻るためのアイコンが消えてしまい、iPhone自体を再起動するはめに)。それでも、動作の不安定さとか、インターフェースの独特さはあるけど、やっぱり、いろんなフィルターが使えるのは楽しいですね。しばらくは、iPhone内蔵カメラで遊んでみます。

iPhone6sPlus

Meguro

ギャラリー
SONYα7sⅡ DSC01609-2

SONY α7sⅡ

VSCO Logo

 原宿にて。スーツ姿の男性数人が胡蝶蘭を運んでいて、珍しいと思ったのか、外国人の方、数人が集まって、このシーンを撮影していた。日本人なら胡蝶蘭を送るシチュエーションが業務であることはわかるけど、多くの外国人にしてみれば、なぜ、このスーツ姿のビジネスマンたちは、大勢で花を運んでいるのだろうかと、不思議に思ったに違いありません。

Nokton Classic 35mm F1.4 SCSONYα7SII

Harajyuku

ギャラリー