SIGMA dp2Quattro 0186-2

SIGMA dp2 Quattro

VSCO Logo

 前回に引き続き、今回も、シグマのDPで。Quattro。しかし、それにしても、富士フィルムのPro2か、オリンパスか、迷うなあ・・・。キヤノンとニコンの一眼レフ同士の比較と違って、センサーサイズとか、方向性とか、全然違う比較だから、なおさら、迷うんだよなあ。

 とはいっても、今回は軽さを求めるための買い替え作戦。なので、とりあえず、重さを重視して比較してみる。しかし、FUJIFILM X-Pro2 は重さが判明しているけど、OLYMPUS PEN-F はざっと見た感じ、まだ、重さのスペックはリークしていなさそうだから、暫定的に400gとしておく。(といっても、本日発表のようですが)なので、ざっくりとした比較にしかならないけど、なんとなく、本体は数十グラムの差になるか!?本体にはあまり差がない。
 じゃあ、レンズで大差がつくかというと、考え方によっては、そうでもないんだよなあ・・・。そしたら、やっぱり、すこし高くてもX-Pro2か?あ〜、迷うなあ。下記、自分の備忘録のために。
 ついに正式発表されましたね。重さを比較すると、オリンパスPen-Fが427g、FUJIFILM X-Pro2が495gなので、重さを比較すると、68gほどPEN-Fのほうが軽いですね。下記が、レンズの重さの違い。


<24mm>
オリンパス 130g
フジ    375g
レンズだけの差     245g
本体を含んだ差     313g

<35mm>
オリンパス 120g
フジ    300g
レンズだけの差    180g
本体を含んだ差 248g

(ただし、フジの広角側のパンケーキはおよそ80gとか120gほどなのでそちらで比較した場合、
本体の重さの差であるおよそ70gがその差となるイメージに)

<50mm>
オリンパス 137g
フジ    170g
レンズだけの差 33g
本体を含んだ差 101g

<80~90mm近辺>
オリンパス 116g
(パナソニックのF1.2なら425)
フジ    405g
レンズだけの差     289g
(パナなら逆にプラス 20g)
本体を含んだ差 357g

<備考>
パンケーキタイプをのぞけば
マイクロフォーサーズの方が価格はかなり安い

 といった感じで、特に広角側は圧倒的にオリンパスの軽さが目立ちますね。ただし、難しいのは広角側にフジはパンケーキ的なのを2種類用意していること。ボケの量を考えたら、本来、そっちと比較するのが正しいのでは、と、思うと、互角どころか、78〜116gとかなので、今度はフジが勝つことに。<訂正>どっこいどっこいですね。
 さらに、広角側はX70や、X100Tに役割を果たしてもらう場面が多いとなると、X-Pro2には50mmや80mmあたりで使うことが多いかなと。となると、50mmの差は、広角ほど大きくない。
 さらに、ポートレート域となると、もっと判断が難しくて、ボケ量をもとめて、パナソニックの1.2と比較する場合、フジの方が軽い。一方で、オリンパスのすごく軽いポートレンズは値段のわりによく写るし、過去に3回くらい購入するほど笑、好きなんだけど、逆に、それくらいのボケ量ならば、X-Pro2に50mmを装着でもいいかなという気もしてて・・・。う〜ん、やっぱり、Pro2かなあ。いずれにしてもそもそも本体がざっくりの比較でしかないので、本日のPen-Fの正式発表を待ちたいです。

 重さ以外にも、画質やレスポンス、タフネス、動画など、いろんな要素があるのに、重さだけでもここまでいろいろ迷わなきゃいけないってのが、ほんとに、カメラってややこしいですよね笑。まあ、そこが楽しかったりするんですけど笑。

 <追記>訂正、訂正、訂正とごちゃごちゃしたので、次の投稿で整理します。自分の備忘録のためにも。

LightRoomSIGMA dp2 Quattro

Ebis

ギャラリー