LeicaQ1010339-2

LeicaQ

 

 えー、やってしまいました・・・。LeicaQを買ってしまいました・・・。発売後すぐに、銀座のライカストアで触った時に、「やばいなあ、これ、ほんと、さくさく動くし、今までのAPSとかフルサイズ搭載のコンパクトデジカメがもっていたネガティブな部分、全部、ないじゃん・・・買っちゃいそう・・・」って思って、やばいやばいとおもって、店を出た記憶があったのですが。しかも、その後、某店のサイトで見積もりしてみると、今持っているライカとシグマ以外のカメラを全部売れば、わりと現実的な出費でいけそうだな〜なんて結論に笑。

 一方で、ほとんどの店に問い合わせても「いや〜、入荷は1〜2ヶ月後って間隔よりは、秋以降を想定してもらったほうがいいかもしれませんね〜」的な反応でして。なんだー、たとえ、欲しくてもむりなのかーという感じで、むしろ、ああヨカッタヨカッタ、これで買わずに済む何て思っていたら・・・。

 ある日、某店からのメールに「早くもライカQの中古が!」と。。。そこからは興奮して、よく覚えてないんですが(やや大げさですけど笑)、気づいたら、自宅に届いていました笑。

 たまたま、仕事が滅多にないくらいにバタバタしている時に届いたので、まったくまだいじれていませんが、ほんの少し触った感じですが、かなり、しっくりきますね。。。SONYのRX-1とかFUJIFILMのX100シリーズとか(少し小さいから比較の対象じゃないかもだけどGRも!?)を、触ってきた人とか、あるいは気になっている人なら、まったくもってして、気に入るんじゃないでしょうか!?。オートフォーカスもまったくストレスがないですし、タッチパネルまでありますからね(タッチパネルでフォーカスポイントを選ぶことは私は大好きなんですが、ところが、Qではタッチパネルで選んだ後、EVFで覗くとなぜかフォーカスがそこで動かなくなる現象があるのでタッチパネルでフォーカスポイントを選ぶ方法は保留中。そうならないように設定などにより回避方法があるかどうかまで検証できてない)。

 数日つかってみての気になる欠点はほとんどゼロです。しいていえば、「カバンの中にいれておくと、バッテリーが入っている部分のカバーがぺろんと空いていることが時々ある」ことくらいですかね。これはまあまあ心配です。なにしろ、お高いカメラなんで、ぱっかーんと空いていたまんまでカバンのなかで動いた結果、壊れたりしたら、ちょっと辛い。
 あと、強いていなら、「これで、初めてライカがライバルのデジタルカメラに追いついた、抜いた!」という観点で比較するなら、高感度がやや気になりますかね。FUJIFILMのAPSでISO2000とか4000、SONYのフルサイズのα7Sでそれ以上の高感度でも、へっちゃらなのに対して、Qはまあ、1600か2000くらいまでいけるかなー、って感じでしょうか(ざっくりの感覚です。それに、F1.7あれば、だいたいそれで足りないシチュエーションってめったにないしね)。それ以外には、大きなネガティブな部分はまったく感じていないですね。あ、なんていうか、ライカって、独特の”立体感”ってありませんか!?なんか、それは感じるんです。

 今のところの感想は、「ほぼ最高」です。と、まあ、それを踏まえたうえで、ここからは、ほとんど、余談みたいなもんです。うまく言えないんですが、ライカM-Eを手にした時の感動とはまた別な感じがしますね。いいか悪いかじゃなくて。
 M-Eのときは、とにかく、わけのわからないものをいじる楽しさがあったのですが、Qの感動の一つは「これまでの多くのカメラメーカーのネガティブな部分を潰してきた!」って感じ。もちろん、これはあくまで、たくさんある魅力のなかの”一つ”であって、ほかにもたくさんいいところはあって、画質もいいし、オートフォーカス以外のレスポンスもサクサクだし、魅力はたくさんあるんですけど。なんていうか、方向感で言えば、他メーカー含めて従来の延長線上で、その競争のなかで、すごいの出してきたって感じも強いのは事実かなあ。まあ、当たり前の話なんですが笑、M-Eで感じた、唯我独尊的な変態的な魅力はゼロではないですが、やや薄れてますね。
 ま、そりゃそうか。これは、なんていうか、マニュアル車とオートマ車比べるくらいのレベルの話なんで、超不満ってことじゃなくて、あくまで「根本的な違い」ってこですかね。なんつーか、このへんって、うまく表現できないですね笑。逆にいえば、デジタルカメラある程度触ってきた人には、なんのためらいもなく、すぐに使いこなせるしね。

 一つ言えるのは、M-Eから先に手にして、ライカの魅力を感じられて、その後にQで、よかったな、ということ。うん。それはいえるな。つまり、レンジファインダー式って、一眼レフとかライブビューになれた人にとって、すんごく、新鮮ってことなんだろうな。これはQがどうの、ってことじゃなくて。わりと、長年、デジカメを触ってきた人が、(しかも、わりと、ライカって高いだけなんじゃないの!?とバカにされがちな環境があるなかで)、ライカを好きになる!っていう意味では、M-Eからのほうがオススメなきがする。もし、M-Eより先にQを手にしていたら、「RX-1を越えてきたな!このライカのコンデジは!」という印象ばかりが強くなったんじゃないかって気がする。それはそれで、別にマイナスなことじゃないんだけどさ。
 うーん、なんか、うまく表現できないな笑。とにかく、自分の個人的な印象だから、批判されても答えようがないけど、M-Eを無理してローンを組んでまで買って、ライカっていいかも!って思えたうえでの「Q購入」でよかった気がするなと。

 ちょっと、話題を変えますが。自分はQを購入するにあたり、ライカとシグマ以外のほとんどのカメラを手放す必要があったので笑、一番迷ったのが、子供を撮影するためのポートレートレンズを手放しちゃっていいのか!?という点だったんですけど。でも、Qの28mm画角で撮ってみると、背景がありつつも、F1.7でぼけているから、子供が浮き上がっている感じの写真をみると、これで、全然OKかなと思い始めています。これまで以上に子供の写真を撮っている気がします。(といっても、まだ数日だけど笑)むしろ、80mmクラスのレンズで、背景がほとんどうつらないポートレートよりは、数年後に見た時に、「ああ、こんなこともあったな」とおもいだせるような気もして。(売ってしまった後悔へのいいわけかな笑)

 ちなみに、何を売ったかは内緒ですが笑、売ったカメラの全てにまったく不満はなかったです。むしろ、また、資金に余裕があればXシリーズを揃えたいって思っているくらいです。あ、言っちゃった笑。常に、いろいろなカメラを試したいと思っているので、頻繁にカメラを売却しているのですが、「ああ、まったく、むかつくぜ!このカメラ!」ってことも時々ありますが、一方で、わりと気に入っているけど、その時に欲しいと思ったカメラ(今回ならライカQ)を試したいという欲求が少しだけ上回ったから、しかたなく売却するときは、なんだか、すこし寂しい気持ちすらあります笑。今回は特にそれを感じましたね。Xシリーズは、いつかまた、揃えたいです。特に、100シリーズもいいし、ミラーレスのほうは、単焦点がはんぱなくいいですからね〜。
 ま、しんみりする話はこのへんにして、仕事がおちついたら、がんがんライカQで撮影した写真をアップしていきたいと思います。ハイボール飲んでいるので、酔っ払って、ごちゃごちゃ書きましたが、Qは素晴らしいっす!

 なにより、最近、自分が、もっとも重視しているのが、画質とかよりも、よくわからないけど、フィーリング(軽いっすね笑)というか、気分というか。そういう意味では、トータルの質感とか重視したいんです。Qは、触ったときの質感は、「安っぽい」って感じるひとは、滅多にいないでしょう。すごく、いいです。すべてが、ちょうどいい、って感じ。自分はストラップにはお金をかけないタイプですが、Qでは初めて、ちょっとこだわって、合うようなストラップかおうかな、なんて思っている。それぐらい、愛着がわきそうな予感がある。

 たまたま、ここ数日、仕事で体が自由にならないけど、心の中で、しばらくは、使い倒したい欲望がすんごくあるから笑。そもそも、一つの機種に対して、ここまで長い感想を書いたのは旧ブログ、あるいは、その前のブログ含めても、初めてな気がするし。このまま、ライカ派になったら、どうしよう笑。心の均衡を保つためにも、やっぱり、SIGMAは常に手元においておこう笑。(全部、感覚論なので、厳しいつっこみはナシでお願いしますね〜笑。そもそも、機材レビューはあまりしない方向でいるので、もしかしたら、数日後に、大幅に削除するかもです〜)

Leica QSummilux f1.7/28mm ASPH.夕焼け

LeicaQ!!!!!!!!!!!

ギャラリー

LeicaQ!!!!!!!!!!!” への7件のフィードバック

  1. よーいちろー のコメント:

    ご購入おめでとうございます!!
    もう中古が出てたんですね…それは惜しかったなあ。

    それにしてもQを手にされた興奮が伝わりまくりの記事ですね。
    M-Eを手に入れてからのQって流れが良かった….というご意見頷けます。

    いきなりQだと、ライカというメーカーの凄みがちょっとわかり難いのではないか、と僕も思います。
    「ライカなんて金持ちのファッション・ステータスアイテムだろ?」みたいな目、というのは絶対的にあって、たしかにそれを否定しきれない部分もあるけれど、デジタルライカの中でもM9/M-E系にはレンジファインダーという特別な体験+えも言われぬ立体的な描写という魅力があって、それは身銭を切って(真剣に)使った人にしかわからないことだと思います。いくらデジタル部分がおタコでも許せてしまう何か。優等生ではない「尖ったカメラ」としての魅力が。

    その点LeicaQは、ライカが「初めて作った(やっと作れた?)優等生」という感じを受けるんです。その点では全く尖っていなくて、国産のこれまでのコンパクトのいいところをカバーしつつ、不満点を解消し、そしてライカレンズならではの立体感&カメラらしい作りの良さというファクターを加えているなあ…と。
    だからQを入り口にするよりM-Eを通過してからQに至る方が、その魅力を十分に享受できるというか、ひしひしと「良いカメラだ…。」と感じながら使えるのではないかと想像できます。「高いだけで国産に劣っている」なんて揶揄されることもないし。

    僕個人は当初Qの作例にあまり凄みを感じなかったし、28mmが苦手&GRレンズが最高だと思っていたのでQは興味の対象外だったのですが、発売後あちこちでみる写真には「まぎれもないライカレンズの雰囲気・立体感」があって、やっぱり欲しいかも!?なんて思い直しました。そして…ウルトロン28mm、ズミルックス50mmと645のレンズを質草に、発注してすでに1ヶ月半以上…。年末までに届けば良いか、とのんびり待っていたところです。

    ですのでこれからの作例をスゴク楽しみにしてます。

    余談ながら、dp0はしばらくなさそうですね〜。

  2. よーいちろー のコメント:

    さらに余談ですが、僕もXシリーズを大幅整理することにしました。
    しばらくαと100Tで行く予定です。
    Xレンズは本当に良いものばかりなので、また戻るかもしれませんが….。

    • Ryo のコメント:

      よーいちろーさま

      レスが遅くなってすいません〜。
      引き続き、まだ、バタバタしておりまして。

      まだ、私も、ほんの数日触っただけなので、
      Qを語れるほどの身分ではありませんが笑、
      ひしひしと良さがつたわってきております。

      「僕個人は当初Qの作例にあまり凄みを感じなかったし(略)なんて思い直しました。」

      という部分、わたしもまさしくそんな感じでした。
      そこに、銀座店で実機を触ったことが
      追い討ちをかけました笑。

      dp0は非常に欲しいのですが、
      予算以上に迷うのが、
      はたして21mmという画角が
      使いこなせるか・・・という店で、
      保留中です。
      ネットでの評価みても、
      かなり使いこなしが
      難しい印象がありますので。

      仕事が落ち着いたら、
      がっつり、Q写真、アップしていきます!

  3. yokosuke のコメント:

    いやいやいや、興奮がものすごく伝わってまいりました!!!
    Qの位置付けに対する所感は、自分もかなり近いです。所持してるカメラは違いますが、Ryoさんとはやっぱりカメラに対する認識や感覚だったりが本当に違いです笑
    重複致しますが、Qは、キビキビ感・サイズ感・画質・内臓EVF・スナップとしてのカメラ・所有感という、それぞれが自分の感覚的基準を全てクリアしていそうです。そういった点で『初モノ』かなと。ライカブランドで選ぶという訳ではなく。
    ソニーには是非参考にしてもらって、Qを超えるRXを望みたいです笑
    カメラとしての方向性は違いますが、最新全部入りであるα7RⅡの値段を出せるなら、こちらを選ぶと思います。
    今回のQは、本当に念入りに市場をリサーチしたなぁと感じます。
    それにしても、この赤この藍、いい色です!

    • Ryo のコメント:

      YOKOSUKE さん

      はい、けっこう、興奮してしまいました笑!
      わたしも、YOKOSUKEさんのブログみて、
      これまでの遍歴とか、悩みが、
      いつも、かなり近いな〜って感じております笑。

      Q、ほんとにいいですよ〜。
      優等生的ではありますが、
      大きな欠点がありません。
      はやく、がっつりいじりたいです笑。

      引き続き、Qの写真、アップしてきますね〜。

  4. お久しぶりです。
    しばらくブログさぼってました。
    相変わらずな行動やっちゃってますね~(笑)
    ライカQは元RX1ユーザーとしては非常に気になっていたのですが、
    このレビューを見てかなり欲しくなりました^^
    いつか手にしてるかも・・・・。

    • Ryo のコメント:

      PIROSHIKI さん

      お久しぶりです!
      やっちゃいました笑。
      でも、今の所、
      後悔してないですよ〜笑。

      ちょうど、今日まで、
      かなり、ばたばたしてて、
      触れていないですが、
      これから、ガシガシ、
      撮っていきたいと思います!

コメント(承認制。名前は必須。メールアドレス、ウェブサイトは必須ではありません)