TOKYO
http://ryo-tokyo.com/

↑↑↑↑↑ ↑↑↑↑↑ ↑↑↑↑↑
新ブログのアドレス

申し訳ないのですが、本日から、ブログのアドレスを上記に変更させてください。
大変、お手数ですが、お気に入りを上記に変更いただければ。

事情をはなすと、ひっじょ〜に長くなりますが、
ワードプレスのファイルを、サーバーのほうで
いじりすぎて、
もはや、不具合を修正不能になっちゃった笑。

今のところ、見た目は、うまく動いているように見えますが、
じつは、ひやひや状態。

あ、新しいブログは外見などまったく変わりません。
TOKYO
http://ryo-tokyo.com/

それで、こちらのブログは、フロントサイト?というか、
そんな感じに変更していきたと思います。
徐々に。

FUJIFILM X100T

ブログ引越し!

ギャラリー
FUJIFILM X100T 20160129

FUJIFILM X100T

VSCO Logo

 FUJIFILMのX100Tにて撮影。X100T、最高です。X100Tがあれば、もう十分なんじゃないかって、気もしてきました笑。ここのところ、連日、似たような投稿をしている笑、FUJIFILM X-Pro2 と OLYMPUS PEN-F の比較ですが、数日前に投稿した各焦点距離ごとのレンズとボディを合計した重さの比較を下記のように見やすく表にしてみました。そこに、既存のソニーα7sⅡの重さも加えて。

 こうやってみると、やっぱり、PEN-Fの軽さが目立ちますね〜。といっても、日常のスナップはX1ooTが多くなると思うと、あまり気にしなくてもいいのかなって気もし始めていて。つまり、「何か特定の撮影の目的がないけど、なんとなく持ち歩いて仕事の移動の合間にもしかしたら何か撮るかもしれない」って日は、X100TとX70にして、「今日は仕事で海の方にいく、あるいは、撮るべき対象があきらかにありそうな辺りに行く、もしくは、土日に子供と自然のあるほうにでかけて撮ることが確定している」って日には、Pro-2なりにして、ひごろよりは、やや重めにする・・・。という感じか。でも、そうなると、「そのために、20万円弱かあ」って気もするし笑。でも、すくなくとも、PEN-Fにしたら、20〜30mmの広角あたりのレンズは、X1ooT、X70があるから、いらないとなるとね・・・。

 

SONYvsFUJIFILMX-Pro2vsOLYMPUSPEN-F

 

 それぞれ選択したレンズはこちらです。それぞれの重さ、条件など細かい情報は数日前のこの投稿「OLYMPUS PEN-F VS FUJIFILM X-Pro2」をご覧ください。

<24mm>
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR

<35mm>
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 
フジノンレンズ XF23mmF1.4 R 

<50mm>
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 
フジノンレンズ XF35mmF2 R WR

<80~90mm近辺>
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
フジノンレンズ XF56mmF1.2 R 

FUJIFILM X100TVSCOcam夕焼け

Setagaya

ギャラリー
FUJIFILM X100T 20160128

FUJIFILM X100T

VSCO Logo

 FUJIFILM X-1ooTにて撮影。いやあ〜、それにしても、昨日に引き続き、悩ましいです。富士フィルム X-Pro2 と オリンパス PEN-F の比較が笑。ほんとに、悩ましい。昨日は、重さだけを比較してみましたが、独断と偏見で、下記のように比較してみた。全て、自分の主観ですので、「いや、それはおかしい」「違うんじゃないか」と思ってもご容赦くださいませ笑。

 実をいうと、X100Tが素晴らしいの、もしかしたら、X70とX100Tがあったら、他にいらないんじゃないか、という気もしてきてまして笑。特に、50mmよりも広い側は。となると、X-Pro2でもいいかなあという気もするし・・・。子供を外で撮影するのが、土日しかないなら、その日くらい、重くてもいいならと・・・。しかし、そうやってすこしずつ、自分のなかの基準を広げていって、また腰痛になるのも嫌だし・・・。って、まったく、毎日、同じこと書いていますね笑。

 マイクロフォーサーズの50mmって、フォクトレンドの0.95以外には、一度も購入したことないんだけど、どうなんだろうか。ボケ量とか、描写とか。そこが良くて、しかも、PEN-Fの高感度がよければ、それもありかな〜って気もするしなあ〜。昨日の比較では、オリンパスの50mm単焦点をあげたけど、パナソニックのライカの50mmもあるしなあ。しかし、一方で、X100Tのテレコンも購入済みなので、50mmが現在、ないわけでもなく・・・。う〜む・・・。

 

FUJIFILMX-Pro2vsOLYMPUSPEN-F

FUJIFILM X100TVSCOcam

Omotesando

ギャラリー
FUJIFILM X100T 20160127

FUJIFILM X100T

VSCO Logo

 再購入したFUJIFILMのX100Tにて撮影。このカメラ、やっぱり、ほんとにいい。大好き。まあ、そこまで好きなら、一度、売らなきゃよかったんですけど笑。

 ところで、いよいよ、OLYMPUSのPEN-Fが発表されましたね!いや〜、これは、なかなか迷いますね。やっぱり、軽さではほんとに圧倒的。今回の、機材入れ替え大作戦は、ヘルニア再発による腰痛がきっかけなので、なにより、重さを重視したい。前回の投稿では予測で書いていたのと、間違いもあったので、ここに改めて、富士フィルムのX-Pro2とオリンパスのPEN-Fの比較を。あ、重さだけですけど。そして、これまで使って来たソニーのSONY α7sIIや、既に購入済みのX100Tとか、購入が確実なX70の重さも再掲。


<本体>
OLYMPUS Pen-F →  427g
FUJIFILM X-Pro2 →  495g

PEN-Fが 68g 軽い

<24mm>
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0  → 130g(本体含む557g)
フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR →  375g(本体含む870g)

レンズだけの差     245g PEN-Fが軽い
本体を含んだ差    313g PEN-Fが軽い

<35mm>
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 →   120g(本体含む547g)
フジノンレンズ XF23mmF1.4 R →  300g(本体含む795g)

レンズだけの差    180g  PEN-Fが軽い
本体を含んだ差     248g  PEN-Fが軽い

(ただし、フジの広角側のパンケーキはおよそ80gとか120gほどなのでそちらで比較した場合、
本体の重さの差であるおよそ70gがその差となるイメージに)

<50mm>
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 →  137g(本体含む564g)
フジノンレンズ XF35mmF2 R WR  → 170g(本体含む665g)

レンズだけの差  33g   PEN-Fが軽い
本体を含んだ差  101g  PEN-Fが軽い

<80~90mm近辺>
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 → 116g(本体含む543g)
(パナソニックのF1.2なら425g)
フジノンレンズ XF56mmF1.2 R →  405g(本体含む900g)
レンズだけの差   289g  PEN-Fが軽い
(パナなら逆に20g重い)
本体を含んだ差   357g PEN-Fが軽い
(パナを選んでも48gPEN-Fのほうが軽い、本体含む852g)

<備考>
パンケーキタイプをのぞけば
マイクロフォーサーズの方が価格はかなり安い

<既存とこれからの組み合わせ例の重さ>
SONY α7sII + フォクトレンダー21mm = 1039g
SONY α7sII + 55mmF1.8   = 908g
SONY α7sII + フォクトレンダー35mm  = 827g
(VMはマウントアダプターの重さのぞく)

X-Pro2 + 中望遠 = 900g
X-Pro2 + 24mm = 870g
X-Pro2 + 35mm  = 795g
X-Pro2 + 50mm  = 665g

Pen-F + 50mm = 564g
PEN-F + 24mm = 557g
Pen-F + 35mm = 547g
PEN-F + 中望遠 = 543g

X100T   440g(テレコン足すと 620g)
X70    340g (ワイコンはたぶん100グラムちょいなら450gくらい)

<備品>
・MacBook Air 1Kg
・ワイヤレスキーボード 191g
・ヘッドフォン 225g

 う〜ん、こうやってみると、重さだけの比較ではオリンパスのPEN-Fの圧勝だなあ。もちろん、重さだけでは判断できないし、特にミラーレスの場合で重さがの差が大きい広角側の28mmと35mmはX70とX100Tに任せようとおもっているので、いいんですけどね。。。それでも、差が大きい。とくに、今回の買い替えは、腰痛対策でもあるので・・・。とはいっても、「SONY α7sII + フォクトレンダー35mm  = 827g」はまあまあ、軽く感じたから、これくらいまでは許容範囲なのか・・・。迷うところだ。

 ただ、ちょっと気になるのが、PEN-Fの発表会やら、ホームページやらが、新センサーをうたっているわりに、高感度でのノイズのことをあんまりアピールしていないことなんだよなあ。。。普通、高感度が改善したなら、めっちゃ、それをアピールするのがメーカーの常って感じがするから。 
 デザインとか、アートフィルターとか、モノクロの調整とかがダイレクトに物理ダイヤルでできることのほうが強調されてて。それはそれで、嬉しいんだけど、やっぱり、新センサーになって、高感度がどうなるのかというのは、過去にマイクロフォーサーズをわりと使って来た自分としては気になるところ。気持ちは、X-Pro2に傾いているけど、まだ、もう少し迷ってみるかなあ。

 あと、つまるところ、X-Pro2の素晴らしさって、店頭で触ってみないとわからない系な気もするしなあ〜。ファインダーとかレスポンスとか。あ、そういえば、PEN-FとX-Pro2のファインダーの画素数ってどうなんだっけ!?比較してなかった。それは、また、明日にでも笑。でも、自分はEVFはまぶしい日中でなんとなく確認できればいい派、雰囲気盛り上がればいい派、なので、ある程度のレベルなら、さほど気にはしませんが。う〜ん、でも、PEN-Fの軽さと本体と単焦点レンズの価格の安さ(中古の玉の多さも含めて)はかなり、魅力的!ああ、だめだ、迷う笑。

FUJIFILM X100TVSCOcam

OLYMPUS PEN-F VS FUJIFILM X-Pro2

ギャラリー
X100T FUJIFILM 20160124

FUJIFILM X100T

VSCO Logo

 FUJIFILM X100Tのマクロモードにて。けっこう絞っているので、ISO1600で、シャッタースビードはギリギリ。やはり、こういうシチュエーションだと、手ぶれ補正があったらなおいいなと思うけど、それ以外は最高なカメラなので、搭載することで大きくなるなら、贅沢はいいませんが笑。しかし、このままいくと、全てのカメラが富士フィルムになっちゃいそうだな笑。

 昨日、投稿した「重さ問題」。ふと、ウルトラC的な解決方法を思いついて。カメラとレンズ以外で軽くしようと。例えば、普段、わりと持ち歩いているヘッドフォンは、ケーブル抜きで225グラム。これをiPhoneの純正のイヤフォンに戻せば、Pro2の懸念など吹っ飛びます笑。それと、先んじて、すでにMacBook Air(1Kg)を持ち歩かなくていいように、iPhoneに接続できるブルートゥースのワイヤレスキーボード(191グラム)を購入&仕事で使えるかチェック済み。
 なので、Pro2を持ち歩きたい日は、ヘッドフォンやマックを軽く、逆に、ヘッドフォンを持ち歩きたい日はX70でというように、総重量でコントロールすればいいかなと。ヘッドフォンとキーボードが必要ない日なら、400グラムは軽くなるからな。以下は、自分の備忘録のために追加して、再掲。下記を考慮すると、X-Pro2、十分にいけそうです笑。


<現状>
SONY α7sII + フォクトレンダー21mm = 1039g
SONY α7sII + 55mmF1.8   = 908g
SONY α7sII + フォクトレンダー35mm  = 827g
(VMはマウントアダプターの重さのぞく)

<入れ替え候補>
FUJIFILM X-Pro2 + 50mm  = 665g(682g)
FUJIFILM X-T1 + 50mm  = 610g(627g)
FUJIFILM X-T10 + 50mm  = 551g(568g)
OLYMPUS OM-D E-M5Mk2 + 50mm = 606g
(FUJIFILMの重さは「XF35mmF2 R WR」で括弧内が「XF35mmF1.4 R」のもの)

ちなみに、 XF23mmF1.4 R の場合は、これに130gを足せばいい感じ。
X-Pro2 + 35mm = 795g

<購入済み&購入確定コンデジ>
X100T   440g(テレコン足すと 620g)
X70    340g (ワイコンはたぶん100グラムちょいなら450gくらい)

<備品>
・MacBook Air 1Kg
・ワイヤレスキーボード 191g
・ヘッドフォン 225g

<組み合わせ例>
・MacBook Air + SONYα7sII + 50mm + フォクトレンダー 21mm = 2320g
(先日の出張の際の重さ、ここに充電ケーブルなども)
・MacBook Air + SONYα7sII + Voigtlander35mm = 1827g
(現状では軽めの組み合わせ)

・X-Pro2 + 50mm + ワイヤレスキーボード = 856g
・SONY α7sII + フォクトレンダー35mm  = 827g
・X-Pro2 + 35mm = 795g
・X70+ヘッドフォン+ワイヤレスキーボード = 775g
・X-Pro2 + 50mm  = 665g(682g)
・X100T + ワイヤレスキーボード = 631g
・X70 + ワイコン + ワイヤレスキーボード = 約550g
・X70 + ワイヤレスキーボード = 531g

こうやってみると、だいたいの法則としては

「カメラ、レンズ、ノートパソコン(Orワイヤレスキーボード)、ヘッドフォンの総合計が
800g程度に収まるようにする」

というのを守ればいい感じですかね。多分・・・。これを忘れないようにしよう。特に出張の時。特に冬は洋服も重く、備品も増えるので、軽め意識で。

FUJIFILM X100TVSCOcam食べ物

Setagaya

ギャラリー
FUJIFILM X100T 20160123

FUJIFILM X100T

VSCO Logo

 再購入したFUJIFILMのX100Tにて撮影。その後、Wi-FiでiPhoneに転送してVSCOcamにて編集。このフロー最高っす。ていうか、やっぱり、X100Tって最高!なんか、手に馴染むっていうか、見つめてうっとりしてしまう。これよりも高いコンデジをいくつか触ってきたけど、X100Tってなんか、特別なんだよなあ・・・。ファインダーのともすると、必要か不必要かのギリギリのラインのギミックも笑、妙にいじってしまうし笑。
 あとね、やっぱり、気軽に油が着いた手とかで触って、がしがし食卓の上においたりするのって、本体が10万円台くらいまでのデジカメのほうが、精神衛生上、気が楽だな笑。

 ところで、カメラシステムの超軽量化作戦ですが、非常に迷っています・・・。とりあえず、普段使いは、X100TとX70のダブル体制にワイコンとテレコンを加えて、21mm〜51mmまでを揃えることは決まりました。我ながら、ここに気づいたことは新鮮でした笑。今までコンバーターってどうも画質が低下するような気がして遠ざかってきたのですが、今回、初めてのトライ。とりあえず、X100Tの50mmになるテレコンは購入して、ちょいちょい撮っていますが、快適です。画質はまだ評価できるほど撮っていませんが、なんか撮ったらここにアップしていきます。(ただし、レンズ交換よりはやっぱり、手間は手間ですね。なので、コンバーター系はやはり、旅や出張など目的がはっきりしている時のお伴が多くなりそうです)

 さて、普段使いはこのフジの最強コンデジタッグに任せるとして、もうひとつは、ミラーレスのほうです。もっとも、X100TとX70があるなら、レンズ交換式はいるの?というそもそもの疑問も少しあるのですが、やっぱり、子供を撮る時とか50mmクラスでレスポンス性が高いカメラが欲しい。というのと、α7系を売却するとしたら、予算的にかなり余裕が発生するので笑。
 しかし、じゃあ、何を買うかというと、そこが難しい。まず、大前提として、軽くすることが目的なので、一眼レフは無理。これまでの経験からカメラとレンズの総合計で600〜700グラムに留まるのが理想的。もっと軽ければなおよい。


<現状>
SONY α7sII + 55mmF1.8  = 908g

<入れ替え候補>
FUJIFILM X-Pro2 + 50mm  = 665g(682g)
FUJIFILM X-T1 + 50mm  = 610g(627g)
FUJIFILM X-T10 + 50mm  = 551g(568g)
OLYMPUS OM-D E-M5Mk2 + 50mm = 606g

(FUJIFILMの重さは「XF35mmF2 R WR」で括弧内が「XF35mmF1.4 R」)

 意外なのが、マイクロフォーサーズのOLYMPUSの重さが、ほとんどフジ系の重さと代わらないってこと。とはいっても、他の単焦点を比較すると、おそらく全てでフジのほうが重いレンズしかないので、そこもまた悩ましいのです。というのも、28mmと35mmはX70とX100Tがあるから、おそらく、50mmと80mmクラスがメインの使い方になるわけで。つまり、ポートレート。となると、80mmクラスはマイクロフォーサーズは激的に軽いレンズが二本もある・・・。それと、万が一、28mmや35mmもミラーレスで楽しみたいなんて日が合った場合、その場合もマイクロフォーサーズがやや有利かと(フジにもその辺の域にはパンケーキ的なのありますが、あのへんはあまり評価高くないですよね・・・)。といった感じで、50mmクラスに限っていうなら、フジ系でまったく心配ないのですが、それ以上に発展する可能性を考えるとほんとに悩ましいんです・・・笑。

 一番悩ましいのが、X-Pro2はあまりに魅力的すぎて、多少重くても、新品の高い時期でも、そっこー手に入れたいという誘惑があるのです笑。しかし、「まあ、数十グラムくらいいいかあ」って感じで、許容範囲を少しずつ広げちゃうと、けっきょく、重くなっちゃうような気がしまして・・・。ちなみに、Pro2と35mm相当のレンズ(XF23mmF1.4 R)の合計は795グラム・・・。これだと、ちょっと厳しいかなあ〜。T10との組み合わせだと、681グラム。う〜ん、これでギリギリか・・・。しかし、そうなると、Pro2じゃないなら、100Tでもいいしな〜。でも、T10の評価も高いしな〜、とまったく堂々巡りの悩みになるわけでして・・・笑。

 ただ、日常的にはX100TとX70にしておいて、ときどき、Pro2って感じなら、そこまで重さに神経質にならなくてもいいかなという気もしますが・・・。迷うな〜。あと、ダークホース的に気になるのが、新しいOLYMPUSのPEN。あれが、どれくらいの重さかというのと、新しいセンサーがどこまで高感度が改善しているのかによっては・・・という気もしますが、とはいっても50mmとかポートレート域のためにミラーレス買うなら、やっぱりボケがほしいとなると、フジかな・・・。と、ぐだぐだと長文書いているけど、結局、なんら、結論が出ていない笑。

FUJIFILM X100TVSCOcam夕焼け

Setagaya

ギャラリー

X100T DSCF2852 

 宮古島にて。X100Tで撮影。今日は久しぶりに東京は気持ちの良い朝ですが、天気、崩れるっぽいですね。ところで、今持っているライカ以外のすべてのカメラを下取りに出すと、ライカQに数万円で手が届くという試算をして、やや気持ちが動揺した笑。でも、ポートレート域でオートフォーカスのレンズ&カメラは取っておきたいからなあ。

FUJIFILM X100T宮古島

Miyakojima

ギャラリー