SIGMA dp2Quattro 0186-2

SIGMA dp2 Quattro

VSCO Logo

 前回に引き続き、今回も、シグマのDPで。Quattro。しかし、それにしても、富士フィルムのPro2か、オリンパスか、迷うなあ・・・。キヤノンとニコンの一眼レフ同士の比較と違って、センサーサイズとか、方向性とか、全然違う比較だから、なおさら、迷うんだよなあ。

 とはいっても、今回は軽さを求めるための買い替え作戦。なので、とりあえず、重さを重視して比較してみる。しかし、FUJIFILM X-Pro2 は重さが判明しているけど、OLYMPUS PEN-F はざっと見た感じ、まだ、重さのスペックはリークしていなさそうだから、暫定的に400gとしておく。(といっても、本日発表のようですが)なので、ざっくりとした比較にしかならないけど、なんとなく、本体は数十グラムの差になるか!?本体にはあまり差がない。
 じゃあ、レンズで大差がつくかというと、考え方によっては、そうでもないんだよなあ・・・。そしたら、やっぱり、すこし高くてもX-Pro2か?あ〜、迷うなあ。下記、自分の備忘録のために。
 ついに正式発表されましたね。重さを比較すると、オリンパスPen-Fが427g、FUJIFILM X-Pro2が495gなので、重さを比較すると、68gほどPEN-Fのほうが軽いですね。下記が、レンズの重さの違い。


<24mm>
オリンパス 130g
フジ    375g
レンズだけの差     245g
本体を含んだ差     313g

<35mm>
オリンパス 120g
フジ    300g
レンズだけの差    180g
本体を含んだ差 248g

(ただし、フジの広角側のパンケーキはおよそ80gとか120gほどなのでそちらで比較した場合、
本体の重さの差であるおよそ70gがその差となるイメージに)

<50mm>
オリンパス 137g
フジ    170g
レンズだけの差 33g
本体を含んだ差 101g

<80~90mm近辺>
オリンパス 116g
(パナソニックのF1.2なら425)
フジ    405g
レンズだけの差     289g
(パナなら逆にプラス 20g)
本体を含んだ差 357g

<備考>
パンケーキタイプをのぞけば
マイクロフォーサーズの方が価格はかなり安い

 といった感じで、特に広角側は圧倒的にオリンパスの軽さが目立ちますね。ただし、難しいのは広角側にフジはパンケーキ的なのを2種類用意していること。ボケの量を考えたら、本来、そっちと比較するのが正しいのでは、と、思うと、互角どころか、78〜116gとかなので、今度はフジが勝つことに。<訂正>どっこいどっこいですね。
 さらに、広角側はX70や、X100Tに役割を果たしてもらう場面が多いとなると、X-Pro2には50mmや80mmあたりで使うことが多いかなと。となると、50mmの差は、広角ほど大きくない。
 さらに、ポートレート域となると、もっと判断が難しくて、ボケ量をもとめて、パナソニックの1.2と比較する場合、フジの方が軽い。一方で、オリンパスのすごく軽いポートレンズは値段のわりによく写るし、過去に3回くらい購入するほど笑、好きなんだけど、逆に、それくらいのボケ量ならば、X-Pro2に50mmを装着でもいいかなという気もしてて・・・。う〜ん、やっぱり、Pro2かなあ。いずれにしてもそもそも本体がざっくりの比較でしかないので、本日のPen-Fの正式発表を待ちたいです。

 重さ以外にも、画質やレスポンス、タフネス、動画など、いろんな要素があるのに、重さだけでもここまでいろいろ迷わなきゃいけないってのが、ほんとに、カメラってややこしいですよね笑。まあ、そこが楽しかったりするんですけど笑。

 <追記>訂正、訂正、訂正とごちゃごちゃしたので、次の投稿で整理します。自分の備忘録のためにも。

LightRoomSIGMA dp2 Quattro

Ebis

ギャラリー
SIGMA DP2Q 20160125

SIGMA dp2 Quattro

VSCO Logo

 久しぶりに、シグマのdp2Quattroの写真。iMacからiPhoneのVSCOcamに転送して修正。だいぶ前に撮った写真だけど。やっぱり、シグマはシグマでいいですよね。Wi-Fiがないのが、ちょっと難点ですが、軽さ的には、1台だけ持ち歩くなら、許容範囲だし。あ〜、迷うなあ。。。。X-Pro2にしないで、T10にするのなら、シグマを1台とか、もう一つくらい、資金的に余裕が発生しそうなんだよなあ。

 ところで、なぜか、WordPressをアップデートしたら、Exif情報が自動で表示される仕組みが、機能しなくなっている。。。せっかく、縦写真でも綺麗に表示されるように修正したのに、残念だなあ。どうすればいいんだろうか。それと、これからは、VSCOcamで修正したものは、カテゴリかタグのどちらかで表記するようにしようかな。

SIGMA dp2 QuattroVSCOcam

Ebisu

ギャラリー

SDIM0232 

 宮古島のホテルの入り口で見た花。ゴールデンウィーク前の仕事にめどがついたからか、昨日は飲み過ぎて、今日はわりと二日酔いが辛いな笑。せっかく気持ちがいい1日でカメラ日和になりそうだけど、おとなしくしていよう。しかし、窓の外からの空気がいい感じ。昼寝して復活したら、外に出てみるかな。二日酔いが一発で治る薬を開発した人にはノーベル賞をあげたいですね。私、ノーベル賞の選考委員じゃないけど笑。
 このブログに掲載したSIGMAの写真を収めていくための別サイトもよろしかったら、ご覧ください。ここに一度掲載した写真がほとんどですが、インデックス的に見やすい感じにしました。

SIGMA TOKYO

SIGMA dp2 Quattro宮古島

Miyakojima

ギャラリー

SDIM0242-2

 今日も東京は気持ちよさそうだ。宮古島の駐車場にいた猫。近づいても逃げなかった。(早朝にアップした写真は緑がかっているような気がしたので、修正しなおして差し替えた)このブログに掲載したSIGMAのカメラで撮影した写真だけを収納した特設サイトもよろしければ、ご覧ください。

SIGMA TOKYO

SIGMA dp2 Quattro宮古島

Miyakojima

ギャラリー

SDIM0255 

 宮古島のビーチにて。そういえば、宮古島のホテルで、子供とかを撮影していたら、肩からSIGMA DP3 Merrillをぶら下げた男性を発見。その方も家族連れだった。肩からカメラをぶら下げている人の割合が高い観光地でも、DP系を見ることは、記憶の限りなかったので、妙に親近感を感じましたね笑。でも、「Merrillいいっすよね」とか、話しかけるのもあれだし、うざいって思われたら申し訳ないのでやめといた笑。その方もなんとなく、私のQuattroを見ているような気もしたけど、「いや、もしかして、気のせいかもしれない」と思い、話しかけるのを思いとどめたのでした笑。

 ところで、新しいサイトを作りました。こちらのブログは1日1枚、写真をアップして、簡単なコメントともに大きくて解像度の高い写真を載せています。一方の新しいサイトでは、こちらのブログに載せた写真のうち、SIGMAの写真だけを見やすくインデックス的に並べています。こちらの親ブログの写真の格納用の子サイトだと思っていただければ。掲載されている写真は、このブログに掲載した写真と、過去のブログに掲載したものです。自分自身が、SIGMAの写真について、「どんな写りだったかなあ?」と見返すことが多いのですが、その際にサムネイル的にまずは並んでいたほうが、見やすいかな〜と思ってつくりました。このブログのカテゴリからも、シグマと富士フィルムの写真は見られて同じことができますが、よりグラフィカルに見られるように並べ直している感じです。わりと、シンプルに見やすく作ったつもりです。同様に、FUJIFILMのXシリーズのカメラ用のも作りました。
 下記からどうぞ。これからは新しい写真をこのブログにアップしたら、下記の子サイトにも保存していきます。よろしかったら、どうぞ、チェックしてみてください。といっても、このブログにもアップしていきますので、過去のを遡ってみたい場合だけかな。SIGMAのほうが、断然、枚数は多いです。

SIGMAのカメラで撮影した写真はこちら
SIGMA TOKYO

FUJIFILMのXシリーズで撮影した写真はこちら
FUJIFILM TOKYO

(↑すいません、当初、FUJIFILMのほうのリンク先もSIGMAになっていました。YOKOSUKEさんご指摘、ありがとうございました。修正いたしました。)

SIGMA dp2 Quattro宮古島

Miyakojima

ギャラリー

SDIM0369 

 今日の東京は爽やかなので、写真も花にしてみた。宮古島のホテルの入り口にあったやつ。しかし、最近また、気になるカメラの噂が多いですね。ソニーのフルサイズ機、ニコンのフルサイズミラーレスなど。特にニコンのは噂段階では、かなり小さいうえに、Fマウントも使えるとのこと。Fマウントは小さくて軽くて安くて描写のいいF1.8シリーズがあるので、なかなか魅力的ですよね・・・。でも、ずっと先になるはずだから、貯金しておこうかな・・・。ソニーのほうは、画素アップ以外になにか、面白い点があるんだろうか。あるいは、RX1後継機じゃなくて、とんでもないカメラを出してくるとか!?おそらく相当高いだろうから、購入は厳しいけど、楽しみだなあ。

SIGMA dp2 Quattro宮古島

Miyakojima

ギャラリー

SDIM0348 

 天然記念物の宮古馬。数少ない日本の在来種の馬だそうで、一時は絶滅の危機に瀕したとのこと。今は、保存のための活動により50頭近くまで増えているとのこと。とても優しい雰囲気の馬でした。それにしても、SIGMA dp2 Quattro の描写、すごい。毛並みとか、馬具の質感が、もう、なんとも言えないです・・・。dpシリーズ、やっぱり、いいなあ。そういえば、先日の爬虫類の投稿、再び、シグマの山木社長にツイッターで触れていただいた。ありがとうございました。

SIGMA dp2 Quattro宮古島

Miyakojima

ギャラリー