SONYα7sⅡ DSC04349-2

SONY α7sⅡ

 

SONYα7sⅡ DSC04360-2

SONY α7sⅡ

 

SONYα7sⅡ DSC04366-2

SONY α7sⅡ

VSCO Logo

 ちょうど一ヶ月前から、コーヒーを豆から挽いて飲むようにしている。何がいいって、味はもちろんすんごく美味しいんだけど、最初に蒸らすために、お湯をほんの少し注いだときに、ふわって膨らむ、この瞬間がいい笑。豆って生きているんだな〜って感じる瞬間。愛おしいとすら思える笑。

 豆には詳しくないんだけど、豆屋さんの店主に「前回のブラジルとエチオピアだったらブラジルのほうが好きでした」って伝えた。そしたら、今日は「イエメンのモカがおすすめです。今はものすごく、希少ですし」と言われ、それを200グラム買うことに。店主いわく「イエメンのモカは昔の昭和の日本の喫茶店ではよく出されていたけど、今は紛争があって、なかなか入ってこない。イエメンには6つの産地があるけど、そのうち、3つは絶望的で、でも、3つはなんとか、うちに入ってきます。味としてはコクが強いんですが、昔から、香りが独特っていわれていて、魚の腐敗臭とかって表現する人もいます」とのこと。
 実際に、さっき飲んでみたんだけど、入れ方の問題かもしれないけど、コクというより、苦味が強い気がした。ボディ?みたいなのがガツンていうよりは、苦味が強いような・・・。いずれにしても、美味しいことには間違いがない笑。

 コーヒーもハマると奥が深そうなので、ほどほどにしておく笑。好きなバンド、サニーデイ・サービスの「コーヒーと恋愛」という曲でも、はまり過ぎにご用心みたいな歌詞があったしな。ちなみに、その曲の元ネタとなった獅子文六の小説「コーヒーと恋愛」は、長年、読みかけのまま放ってある。読み直してみるかな。あ、結局、はまりそうだな笑。

 撮影は、ソニーのα7sⅡとフォクトレンダーなんだけど、マウントアダプターがクローズアップ対応のやつだから、ここまで寄れるのです。(うーん、縦写真にしたときのExif表示のズレが汚いなあ。。。表示やめようかなあ。)

Nokton Classic 35mm F1.4 SCSONYα7SII食べ物

Setagaya

ギャラリー
SONYα7sⅡ DSC01609-2

SONY α7sⅡ

VSCO Logo

 原宿にて。スーツ姿の男性数人が胡蝶蘭を運んでいて、珍しいと思ったのか、外国人の方、数人が集まって、このシーンを撮影していた。日本人なら胡蝶蘭を送るシチュエーションが業務であることはわかるけど、多くの外国人にしてみれば、なぜ、このスーツ姿のビジネスマンたちは、大勢で花を運んでいるのだろうかと、不思議に思ったに違いありません。

Nokton Classic 35mm F1.4 SCSONYα7SII

Harajyuku

ギャラリー